kanpou of sumire natural web 2016

漢方.jpg

漢方1.jpg

漢方3.jpg

漢方薬について

漢方薬の名前の由来は中国の漢の時代に体系化されたことから『漢』を、治療法を意味する方枝の『方』から由来しています。_その後、日本の医学の中で独自に発展してきました。江戸時代の後期に西洋医学が入ってきましたが、オランダからの医学であり、これを『蘭方』と呼び区別しました。漢方薬は主に天然の薬草などから抽出、乾燥させたり、加熱したりした成分を用いますが、中には動物生薬と言われる牛黄、麝香、鹿茸などの動物由来のもの、石膏などの鉱物由来のものも用います。漢方とは個々の症状だけではなく、体全体を診て総合的な視点から治癒力を高めていくことを目的としています。病名から処方を決めるのではなく、個々の人の状態と体質を考慮して処方を決めます。ですから、一つの処方薬で複数の症状が改善されてくる場合があることも特徴的です。漢方では、体調が優れなくて病院へ行っても医師から『大丈夫。病気ではありません。』と言われているときのような状態を病気とまったく別のものと考えるのではなく、病気ではないが、病気に対して向かっていってしまっている状態、すなわち『未病』ととらえます。したがって未病を治すことは不快な症状を取り去る、または軽減するとともに病気になる手前で未然に病気を防ぐということにも繋がります。

漢方薬と西洋薬の違いとは

漢方薬の良い点とは個々の体質に合わせて処方薬が決められるということ。西洋薬はつらい症状を取り去ることにかけては漢方薬よりも効果の発現が早い場合が多いですが体質改善の方向には持っていってはくれません。漢方薬の強みは時間がかかっても最終的に体質を改善する方向にもっていってくれるという点にあります。『気 血 水』とは漢方でよく聞かれる言葉だと思います。例えば『手や足がよく冷える、肩こりがひどい、生理痛がひどい』などの症状を訴えている人がいたとしたとします。漢方ではこのような状態を瘀血(血の滞り)と見なします。このような方に駆瘀血剤(瘀血を取り去るもの)に分類される漢方薬を処方することにより上記の症状がすべて改善されてしまうということがあります。これは駆瘀血剤により瘀血が取り去られたことにより改善されたということでしょう。もし、ここで西洋薬の鎮痛剤を服用した場合、生理痛は早く軽くなるかもしれませんが、手足の冷えはさらに悪化したかもしれません。(鎮痛薬は一般的に血流を滞らせ、体を冷やします。)また胃腸障害が起きる可能性もあるでしょう。症状の発現は多くの要因があるため漢方薬だけで単純に解決するとは言い切れませんが、比較的副作用が少なく体に優しいものが多いので試してみる価値はあるでしょう。
漢方の診断法として

1 望診(視診)……骨格 顔色 皮膚のつや 舌の色など
2 聞診………喘鳴 おなかの鳴る音 体臭 口臭
3 問診………訴えを聞くこと
4 切診………脈診 腹診
.

漢方薬が普及した理由

日本の医学は奈良時代以来中国伝統医学が主流でしたが、江戸時代中期に西洋医学が伝わってきました。これを蘭方といい、従来からの日本化した中国医学を漢方と呼んで区別をするようになりました。医学が発展するためには薬が必要となります。そこで漢方薬がなくてはならなくなります。日本の漢方は古典「傷寒論」「金匱要略」における考え方を基本とする日本独自の「漢方医学」として発展を遂げ、日本で創製、変方した優良処方を基本に用いられています。合成品でなく天然の産物である生薬を用いた漢方薬が、いろいろな病気に対する治療効果がでていると次々と大学や病院から研究報告されています。

漢方の考え方

漢方の診断基準でもある証とは個々の患者を体力や体質、病態や抵抗力などを考慮にいれ、全身的にとらえて決定する独特の考え方です。証を決めることにより、処方が決まります。このような治療法を随証治療といいます。

陰陽
陰と陽は証を診断するための大切な基準です。世の中には二つの対立した考えがあります。陰と陽、プラスとマイナスといったように易学、占星術などでは古くから使われてきている考え方ですが、この考え方は漢方における診断にも使われます。陰は寒、湿、消極性、潜在、マイナスといった性質を現すことに対して、陽は熱、乾、積極性、顕在、プラスといった性質を現します。

虚実
証を診断するための基準となるものに虚実があります。体力の充実度を現します。胃腸が丈夫で体力もあるような人を「実証」、胃腸が弱く体力もないような人を「虚証」、「実証」と「虚証」の中間くらいの状態の人を「中間証」といわれます。
気血水
気血水は漢方の重要な概念で、健康な体はこの三つが体内を滞りなく循環していていることが条件です。この三つがスムーズに流れていなかったり、偏在することにより症状や障害が起こると考えられています。


 気は元気、病気、活気、気力などといったように目には見えないエネルギーを表しています。自律神経の働きに非常に関係があります。気の不調には気虚、気鬱、気滞、気逆という四つの状態があるとされています。気虚とは気力、体力が不足しているとともに食欲もないような状態を表します。気鬱、気滞は気の流れに滞りを生じた状態で、頭が重たい感じやのどが詰まったような感じ、お腹が張る、息苦しいなどのような状態があります。気逆とは気の流れが逆流しているような状態で、突き上げられるような状態です。のぼせや動悸、発汗、げっぷ、の他、頭痛や不安感などの症状などが出ます。


血は血液の状態を表し、異常の状態には「瘀血」、「血虚」があります。瘀血は主に末梢の血流障害のことで、様々な症状が発現します。月経異常、痔、しみなどの色素沈着、舌や唇の色が暗紫色の状態、打撲によって部位が暗紫色の状態に変化した状態も瘀血とみなします。


水は血液以外の体液成分をいいます。異常の状態を水滞、水毒などがあります。体液が本来必要とされているところになく、必要とされていないところに溜まっている状態です。めまい、下痢、立ちくらみ、頭重感、排尿異常、悪心、嘔吐などの症状があります。

漢方が普及した理由

日本の医学は奈良時代以来中国伝統医学が主流でしたが、江戸時代中期に西洋医学が伝わってきました。これを蘭方といい、従来からの日本化した中国医学を漢方と呼んで区別をするようになりました。医学が発展するためには薬が必要となります。そこで漢方薬がなくてはならなくなります。日本の漢方は古典「傷寒論」「金匱要略」における考え方を基本とする日本独自の「漢方医学」として発展を遂げ、日本で創製、変方した優良処方を基本に用いられています。合成品でなく天然の産物である生薬を用いた漢方薬が、いろいろな病気に対する治療効果がでていると次々と大学や病院から研究報告されています。

漢方薬を選ぶには

漢方薬は個々の症状ではなく、体全体を診て総合的な視点から治癒力を高めるものです。ひとつの薬でさまざまな症状を改善することが可能なことも特長です。また状態により、選ぶ漢方処方も変わってくるので、しっかり相談をして自分の状態に合った漢方薬を処方してもらうことが大切です

漢方の診断法

1 望診(視診)……骨格 顔色 皮膚のつや 舌の色など
2 聞診………喘鳴 おなかの鳴る音 体臭 口臭
3 問診………訴えを聞くこと
4 切診………脈診 腹診